矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは、矯正装置を使って歯並びや噛み合わせを変化させる治療法です。歯を削ったり、かぶせものをしたりする治療とは違って、時間がかかりますが、健康な歯をそのままにし治療することができるのが矯正歯科の最大のメリットです。歯並びを良くすることで虫歯や歯周病にかかりにくいという利点もあります。

見えない矯正 インピザライン

インピザライン

インピザラインとはアメリカのアライン社が開発した矯正装置で、見た目は透明なマウスピース状の装置なので、装着しても外からほとんど分からないのが特徴です。ワイヤーやブランケットを歯につける必要がないので、痛みや違和感もかなり軽減されます。また、自分で簡単に取り外しできるので、食事や歯磨きも今まで通りでき、マウスピース自体も手軽に洗浄できます。

メリット

メリット

1
インビザライン・アライナーは透明で目立たないため、装着していることがわからず、見た目にストレスを感じさせません。
2
取り外しが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、口腔内を健康な状態に保つことができます。
3
3次元シミュレーションソフトを通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の移動を、コンピューター画面上で画像および動画として確認することができます。
4
金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を要することがありません。また、金属アレルギーの心配もありません。
治療の流れ
検査
クリンチェック
インピザライン完成
1.カウンセリング・検査

カウンセリング・検査後、マウスピースを作る為にPVSという材料で歯の型取りやかみ合わせを取り、患者様のPSV印象及び処方書をアライナー(マウスピース)を作っている米国のアラインテクノロジー社に郵送します。

2.クリンチェック

米国アラインテクノロジー社で矯正歯科医が作成した治療計画書に基づいて、専門チームによるクリンチェックが作成されます。クリンチェックが作成されてから双方で修正のやり取りをし、治療方針を計画します。

3.アライナー作成

米国アラインテクノロジー社で、光造形技術を用いて忠実かつ正確に各ステージのアライナーの基となる光造形モデルが作製され当クリニックの元に送られてきます。

4.装着・治療開始

一日20時間以上装着し2週間ごとにアライナー(マウスピース)を取り替えます。1〜2ヶ月くらいの間隔で来院し、状況確認とクリーニングを行います。