ママ必見!子供の虫歯を予防するには?

投稿日:2017年6月9日|カテゴリ:院長コラム
虫歯

自分以上に子供の歯磨きには気を遣うものですよね。おとなしく歯磨きをさせてくれる子もいれば、暴れまわる子も…毎日のブラッシングは言うまでもなく大切ですが、プラスして行うことで虫歯を予防できる確率がぐんと高くなる方法があります。

なるべく歯科医院で虫歯の治療をしないですむように、子供の虫歯予防について、簡単にできることをお話ししたいと思います。

乳歯と永久歯の違い?!

子供の歯と一口に言っても、乳歯と永久歯で違いがありますので、説明したいと思います。歯が生えてくるスピードには個人差があります。大体6ヶ月頃から乳歯が生え始め、3歳半頃までには上下合わせて20本の乳歯が生え揃います。永久歯は6歳頃から生え始め、大体13歳頃までに乳歯は抜け、28本すべての永久歯が揃います。

虫歯

乳歯の虫歯予防

 1.早いうちから歯ブラシに慣れさせる

 小さいうちは、歯ブラシをいやがる子供が多いです。口の中に触られること自体が嫌で、歯科医院での健診では、泣き叫んだり、暴れたりする子供が多く見られます。歯が生えてない頃から使える歯ブラシもありますので、早い頃から口の中をきれいにする練習をすると良いでしょう。

 6か月頃になって乳歯が生え始めたら、乳歯用の歯ブラシを購入して磨き始めましょう。最初はガーゼなどでもOKです。歯磨き粉は付けなくて良いです。水だけでもしっかり歯ブラシを行えば、汚れは落ちます。

 2.検診をきちんと受ける

 乳幼児には、1歳半と3歳のときに、市区町村が行う歯科検診を受ける機会があります。ぜひ活用しましょう。歯科検診をやっている歯科医院とやっていない歯科医院がありますので、事前に確認してから受診することをおすすめします。健診では、歯磨きの仕方や、虫歯になりそうな歯、虫歯になりやすい習慣などを教えてもらえるので、予防の参考になるかと思います。

虫歯

 3.フッ素の入った歯磨き粉や洗口剤を使う

 フッ素は、歯の表面のエナメル質という組織を丈夫にし、細菌に負けにくい歯を作り出す手伝いをしてくれる物質です。子供用の歯磨き粉で、フッ素の入った歯磨き粉が市販されていますので、使用すると効果的です。歯科医院などでもおすすめの商品を販売している場合がありますので、相談してみても良いかもしれません。また、フッ素入りの洗口剤は日常的に使用すると虫歯予防に大きな効果があります。おうちで簡単にできるので試してみてください。

 4.歯科医院でフッ素を塗ってもらう

 歯科医院で塗布してもらうフッ素は、市販の歯磨き粉や洗口剤に含まれているものより濃度の高いものです。そのため、より効果的に歯の表面に取り込まれ、エナメル質を丈夫にしてくれます。フッ素を用いた方法は、乳歯だけでなく、生えたばかりの永久歯にも効果的です。

永久歯の虫歯予防!

 1.虫歯予防処置をしてもらう

 永久歯の奥歯は、乳歯よりも溝が深く刻まれていて、虫歯になりやすいのが特徴です。その溝をあらかじめ埋める処置をしておき、虫歯を予防する方法があります。この予防法は、永久歯が生えてきたらすぐに、虫歯になる前に行う必要があります。

虫歯

 2.生えかけの歯に注意して磨く

 永久歯は乳歯と生えかわりますので、生えかけの永久歯は周りの歯に邪魔されて上手く歯ブラシが届かないことが多いです。特に、奥歯は見えづらく、気づいたら虫歯になっていたということも少なくありません。また、生えたての永久歯は、乳歯と同じく弱いので、虫歯になりやすいです。歯が生えているかどうか注意深く観察し、生えかけの歯は丁寧に意識して磨きましょう。

毎日の歯ブラシが一番大事!

 いかがでしたか?虫歯を予防する方法は簡単なものがたくさんありますので、ぜひ心掛けてみてください。また、フッ素を塗布し、虫歯予防処置をしたからと言って、歯をしっかり磨かなければ虫歯になることは避けられません。毎日、毎食後のブラッシングをしっかり行うことが大前提であり、虫歯予防の一番の近道です。

虫歯

 

※上記コラムに関するご質問・ご相談は、虎ノ門(神谷町)の歯科岡田歯科クリニックへご連絡下さい。